金田成就

金田成就ホームページ
~ Shigenari KANEDA Homepage ~

音楽観を考えるヒント


(補1 音楽観の考え方のヒント )

 音楽観とは、音楽の観方、捉え方です。また観る人の音楽に対する態度や音楽との距離の取り方を含むもので、音楽、自分のどちらにも 重きを置かないこと、つまり自己絶対化、音楽至上主義のいずれも捨てることがその成立条件になります。 要、自己客観観。※1

※1 ”完結性”があり、完全無欠・無矛盾一貫性を備えたもの、すなわち「美」にはアダルト・チルドレン,性格破綻者等が格好の逃避の場とし易い。

 以下に、歴史上の数多くの名だたる音楽家等が遺した「音楽観」から、思い出せるものをいくつか挙げます。

さまざまな音楽観

◆ ”音楽は太陽神アポロンに仕える女神ムーサイの司る技芸、(詩・歌詞, 旋律・リズム, 舞踊)である。” (古代ギリシャ )

◆ 正しく奏でる(音を響かせる)技術。「天上の音楽」。=音楽は宇宙の運行(秩序・リトゥム調和・アルモニア)を映し出している。 (中世の基調であった音楽観)

◆ ”響きつつ動かされる形式” ハンスリック(R,Wagnerと親交のあった著名批評家)

◆ ”楽はそれを知るべきなり。初めて作(おこ)すとき翕如(きゅうじょ)たり。
 これを従(はな)てば純如たり。皦如(きょうじょ)足り。繹如(えきじょ)足り。以って成る。” (孔子『八佾(はちゆう)編』)
大意:音楽の世界は「一如」であり、そこでは少しの対立も許されない。~(中略)~ そこには永遠と瞬間の一致が見出せる。
なお、これは孔子の人生論でもある、とされている。

◆ 音楽は甘美に響き渡るので、不滅の神々にふさわしいと見なされるべきである。(『対位法について』 ルネッサンスの代表的な音楽理論家 ヨハネス・ティントリークス)

◆ ”音楽現象は事物の間の秩序を確立し、特に人と時間の間に秩序を打ち立てるという唯一の目的のために我々に与えられているのである。” (ストラヴィンスキー )検討例はp.3下に。

「観・VIEW」は主観と客観とを止揚・アウフヘーベン ※2 したものです。

その点、「観」は「文化」との間で、その基盤である一貫性(個性)、および永続性(普遍性)を共有します。

※2 [独 Aufheben] 
ドイツの19世紀最大の哲学者ヘーゲルの用語。物事は低いレヴェルを否定することにより、高いそれに発展できるが、低い方の本質は保たれる。「正反合一」。我々学生時代の頻用語。現在では”発展”より”変容”に比重がかかる。← ”歴史は限りなく同方向へ連続的直線的に発展する。”の修正による。

 物事、現象は1箇所に固定された点の形で在るのではありません。言わば球状で流動状態で存在しています。

 そこから音楽観には観る人の立ち位置,上下,左右,裏表等への視点の配り方、その人の持ち合わせている教養,音楽的素養等のバランスを必要とします。
それにより、独善的なものか、万人と幸せな共通理解を分かち得られるに足る、普遍性の踏まえのある個性的なものか、またはそのどちらかにより近い中間にあるか、の分かれ目となります。
 そこから1つの「観」を持つことは「自己(客観)観」を持つことであり、また他の全ての「観」に通じることになります。
 人生,文化,世界そして,宇宙観から職業,恋愛,結婚観等の個人的なもの,生き方,WAY OF LIFEまで。

私の「音楽観」の形成について

 私にとっての音楽は、生まれる前から親に用意されていた自明の存在でした。

”自分にとって音楽の意義とは何か?”を考えることも無く、敷かれたレールの上を歩んで来たのです。

 しかし、私の当時漠然としていた音楽と一般社会の、特に音楽学生の音楽との間のギャップが大きくなりました。

”音楽は音を楽しむものであり、楽しくないのは音楽ではない。”,
”音楽は芸術であるが娯楽でもあり、好き嫌いの対象である。",
”音楽は芸術であって個性が大事である。従って個性的である自分の好き嫌いは最大限許され、認められる。”(vs.演奏技術等の原動力である個性と、我儘とはどう違うか?)等々。

 また逆に、主に一般学生が履修する教養科目では、”音楽の秘密”に強い関心を持つ学生からの 思いもよらない質問にたじろいだこともしばしばでした。
(担当科目テーマ:「芸術としてのオペラ」、「音楽の秘密」)

例えば”音楽は慰めてくれたり、逆に勇気づけて呉れたりする。音ってなんですか?
 私はかろうじて”空気分子の振動でしょう。”とだけ答えて”次も授業だから”と、その場から逃げたのです。当分の間にがい気分で過ごしたのは言うまでもありません。

 その他にアマチュアの愛好家,特に指導(遊び?学び?)に行った、一般大学の音楽サークルの学生諸君との合宿コンパでの夜を徹しての音楽論,ひいては恋愛論,人生論等は楽しい思い出として残っています。そこで私は音楽の持つ底知れない魅力の存在に改めて気づかされました。

 それらに出会うことで音楽のすばらしさ,意義を、音楽の持つ秘密を説く使命に目覚めたのです。
 その折に同僚の音楽学者から”非常に見識のある音楽観が示されている。”として 『楽想のひととき(A,ブレンデル著、音楽之友社版)』を薦められました。
 これを必読図書として学生との共育が始まりました。(音楽観についての課題レポート添削指導)このサイトの内容の大半や、 私の作品は、正にこの共育の賜物と言って過言ではありません。


「音楽観」の考え方へのヒント

 音楽観を造ることは哲学(美学)の知識と思考法、および実体感の裏付けのある音楽の専門知識を必要とする点でも難しいのですが、 反面自分を識り、生き方を深めるうえで楽しいことです。

考え方として以下はどうでしょうか。「創造」の前提である「模倣」の応用です。(この他に演繹法,帰納法の応用もある。)
 自分が関心を持った先人の音楽観を納得できるまで検討吟味してみることです。
以下は前述のストラヴィンスキーの音楽観についての検討例です。


◆ ”事物の間の秩序を確立し、”とは。

 地球の生態系,宇宙の運行※3、そして身近に感じざるを得ないここ数年の地球温暖化現象等からバランスを保つ秩序が、私達の身近に確かに働いていることが分かります

※3 宇宙はビッグバンと、その後の拡大拡散、および縮小収縮とを繰り返して来た。 その中の太陽系での公転により四季が、自転により昼夜が秩序・リズムを持って一貫し、永続性を持って繰り返される。
(上記の「拡大」と「縮小」、および下記の「増殖」と「死滅」は「反意語」・対概念の関係にあることに留意されたい。)→補2参照
また、体内では細胞の増殖と死滅の交代がこれも秩序正しくバランスを持って行われている。

  細胞が死滅せず、増殖だけが暴走したのが癌である。肉体的には3か月で別人に入れ替わるとされている。にもかかわらず、”私は誰、ここはどこ?”と混乱しないのはなぜだろうか?

 それはこの文のキーワードの一つである「一貫性」の意識(すなわち「自己存在」への自信)と、
 安定感をもたらす一貫性への信頼を人類は持ち続けてきたからである。
 こうしてみると人類は、宇宙の法則であり、各自の体内にも内在する一貫性、永続性(文化の基盤)により生かされていることが良く分かります。
→ インド哲学では”宇宙の創造神であるブラフマンは、各自に内在するアートマンと連動して宇宙を動かしている。”とする。 →古代ギリシアの宇宙観・音楽観(P.1参照)

 その他にもバランス上の秩序が存在し、その中で人類・自分は生かされていると実感できる例として以下。

 神などのような全能絶対不変、完全無欠な人間は今だかつて存在しなかった。
 また宇宙誕生以来絶対的な権力を持ち不老不死であった独裁者も皆無である。自分の“好き嫌い”で自分以外の政治や天候等をコントロールできたことがあるか?できるものなのか?
 人間は上半身,下半身が腰を支点としてバランスが執れるので自由に動ける。
 また左右の目で距離,方向を偏りなくバランス良くつかめ、左右の手足のバランスも執れるので、正反対方向への条件反射も含めて思い通りの動作がスムーズにできる。


◆ ”秩序”とは。

「秩序」は「自由」を保証するものであり、これらも”対概念”の関係にあります。(補2参照)
これも”音楽の秘密”の一つですね。秩序・原則が確立されているから、例外も認められていろいろな表現が自由にできるのです。→自由・個性とでたらめ・我儘との違いはどこにあるのか?
 逆を言えば真の自由は自ら秩序を志向するのです。

 付け加えると、素材である「楽音」自体が、整数比という秩序を感じさせます。そしてその楽音が過去、現在、未来の「三時制」の間を(楽音が)鳴り響いている間中、整数比から成る音列が猛スピードで往復振動するのです。(補2の※2_1の譜例、および「作品リスト」No.44参照)

そろそろ秩序のあり方・取り方、すなわち音たちの組み合わせ方・作曲法に関心が動きませんか?「音楽」は意読による“ しむ”ではないのです。作曲法の妙が、人を心地良くさせ(pleasant)、また胸をワクワクさせ(exciting)、つまるところ“好き”にさせる原因なのですが・・・。


◆ ”人間と時間の間に”とは。

 人間が一生の間で持ち合わせている時間は限られています。意義のある人生はいかに時間とバランスを執り切るか? にかかっています。
 時間は過去、現在、未来の「三時制」からなります。
 しかし実際には「現在」は無きに等しく、「現在」と意識したとたんにスルリと私達の手をすり抜け、一瞬の間に過去に逃げて行きます。
「未来」もほぼ同じです。近い未来ほど(時間に追われていると)すぐに「過去」へと過ぎ去るのです。(ヘタすると「過去」しか残らない。それも悔いだけが。)

 ということは、「現在」を充実させるより他に時間とのバランスはとれません。男性にとって代表的な現在を充実させると思われて来た享楽である”飲む、打つ、買う”は一貫性はまあ、あるとしても永続性はありません。醒めれば虚しさだけが残り、より強い刺激に身を投じたくなるだけですから。
 その点、音楽は演奏されている現在の瞬間瞬間にしか存在しません。「時間芸術」と言われる理由です。
 これも音楽の秘密の一つになります。現在・瞬間を充実実感させるのですから。 →孔子の音楽論P.22

 その他に素材である、「楽音」それ自体が聴く人に「三時制」を意識させる点から、作曲法は冒頭部分で全体を予知させ、かつそれを全体に徹底させる技術を必然とすることが挙げられます。つまり、時間と人間とのバランスを執り切るのです。


◆ ”唯一の目的”とは

芸術の目的が、一貫し、永続性のある、すなわち個性と普遍性を伴った共通理解・美(醜他をも含むを造る事にある、をさします。
 音は元々意味を持たないし1音だけでは何も伝えられません。音楽にしろ、言葉にしろ、物音にしろ、
音を使って意味を伝えるには、2つ以上の音をいつも同じTPOで同じ意味に伝え得るように一貫した方法
組み合わせねばならないのです。それもすでにお互いに経験を共有している組み合わせ法なのです。

 その意味で自己満足だけの発音は表現ではなく、発散(それも騒音)に終わります。自称“アーティスト・音楽家”と、周囲との間のトラブルの原因
「表現」※4 は情報がお互いに往復し合って初めて成立します。この組み合わせ法が、すなわち言葉では文法であり、音楽では音楽理論(作曲法)なのです。

※4 「表現」
日本語対応語から外国語へ再翻訳しづらいものが多いが、「表現」もその一つ。
 Expression=表出・内面外化と、representation=再現・模倣との2つがこれに当たるとされている。
 後者はルネサンスまでに使われ、神とその教え,神が創造した自然などの再現が対象であり、前者はそれ以降に「内心の自由」の追求が西欧社会の大勢になって以来、後者に取って替わり使われるようになった。
 なお、後者・模倣は前者・創造の母体となる。作家には必ず模倣習作期がある。

 ここまでストラヴィンスキーの音楽観について、その言わんとする理由と真意とについて私なりの解説を加えました。
 難しかったでしょうか。参考になれば幸いです。

 以上のような検討の結果、その音楽観の半分ぐらいに納得が行くようになれば、取り合えず日頃すぐに口に出せるように自分の言葉で言い換えます。 それを土台とすることで事物をとらえ直し、深めることにより、自分なりの音楽観の確立に繋げることが出来るでしょう。


客観的考えに不可欠な「定義付け・概念規定」

 今ひとつ考えを進める上で重要なアドヴァイスを加えます。重要な用語は必ず自分なりに定義をして最後まで同じ意味で使いきることです。

 一貫さえすれば筋が通るので、自分でも納得が行くし、賛同してもらえないまでも言いたい内容については分ってもらえます。
 同じ用語を正反対で使わない、矛盾しないことが肝要です。 ※5

 これについては1つ話題を提供しましょう。
 鳩山内閣で国民から強い支持を受けた事業仕分けの(第一回目)の裏話です。
 仕分け人達の事前ミーティングで、”徹底して 定義●●を問いただせば役人たちは答えられなくなる。”との戦略で仕分けの場に臨んだそうです。
 もっとも自分達は「文化」の定義はしていなかったようですね。反論する側も残念なことにway of lifeを踏まえた論理展開をして、仕分け対象から外させる努力をしませんでした。WAY OF LIFE=生き方・生活様式が本来あるべき「文化」であるとして、市民権を得、国民的コンセンサスとなるにはまだまだ先のようです。(予定ラインナップ9,補3,4参照)

 以上、満足のいく説明にはなりませんが、関心のある方は音楽観に挑戦してみてください。
 100人の音楽愛好家がいれば、100通りの音楽観があり得ます。
← ”「個性」は「普遍性」の踏まえの上に産まれ、その「普遍性」は様々な背景を持った「個性」の集合体である。 逆に普遍性は無限の個性を産み出す母体でもある。→普遍性・universalityを学ぶ重要性→大学の使命(日本の大学教育?)

 私は、音楽が人類の一生の友として、自己伸長、自我拡大のための鏡となることを確信しています。 ※5

 末永く音楽とおつきあいして頂きたいと願っています。


※5   名曲は、誰しもが同じような感動を覚える。まるっきり正反対に感じることはそう多くない。
だから名曲で在り続ける。ただし、そのジャンルの表現法を聴き慣れていること,受容(・鑑賞)経験を積んでいることが前提である。→ボタン「音楽受容(鑑賞)法」参照

  また、ある日突然それまでと正反対の感じに変わって聞こえたのであれば、曲が変わってしまったのではなく、 その人が変わってしまったのである。曲は完結しているのであるから。(本人の人格転換?体調急変?)

 また、作品には作曲者自身の計算外の無意識が現れるし、コンピューター以上の情報量が盛られている。

 

 そのため、聴くたびに今までの感動を確かめ,強め,かみしめるだけでなく、さらに、新しい発見をする喜びを味わえる。
つまりそれだけ客観視力が増え、自己伸長、自我拡大の程度を確かめる事ができる。

 その意味であなた自身の成長(直感の鋭敏・的確さ,視野拡大等について)を映し出す鏡である。(→「鑑賞の本源的作用」


ページトップ